奇稲田姫

スサノヲが高天原から追放されてから降り立つことになる出雲国、そこでスサノヲの神話の中で最も有名な話が出てくる。

降り立ったスサノヲは毎年、八つの首を持つ大蛇『八岐大蛇』に毎年娘を食われている夫婦『アシナヅチ・テナヅチ』の8人の娘の中で最後に残っていた一人、それが後にスサノヲを妻となる奇稲田姫(クシナダヒメ)である。

スサノヲを夫婦の話を聞くともうじき最後の娘であるクシナダヒメも食われてしまう時期なのだと聞かされる。

哀れと思うと同時に、美しいクシナダヒメが愛おしくなり、クシナダヒメを妻として迎えるという条件を飲むのであればヤマタノオロチを退治してもいいという申し入れをした。アシナヅチとテナヅチは断る理由もなく、その条件を快く承諾する。

ヤマタノオロチは出雲の神話に

スサノヲとの結婚が決まると、スサノヲの力によって、クシナダヒメは小さな櫛の形に変えられる。これは櫛の形にすることにより、クシナダヒメが食べられないようにとする配慮だった。

スサノヲはその櫛を挿して、八岐大蛇と戦い、これをを退治する。

八岐大蛇退治後、櫛にされていたクシナダヒメは、元通り美しい娘の姿に戻してもらい、スサノヲの妻となる。その後二人は共に住む場所を探して、須賀の地に宮殿を立てた。

名前の由来として『日本書紀』の記述のように『奇し稲田(くしいなだ)姫』、すなわち霊妙な稲田の女神と解釈される。

他に、串蛇(くしなだ)とする説などもあるが、否定されているが、これについては不確定な情報が多すぎるため、あくまで例としてあげるだけにしておく。

イナバノシロウサギも神話なんです…。
1フロアにつき1会議室だからゆったり快適空間をご利用いただけます。横浜 会議室横浜駅付近で貸し会議室をお探しの際には、ぜひとも市民フロアをご利用ください!

また名前には言葉遊びを含めた趣向もあるのではと考えられており、原文中での『湯津爪櫛(ゆつつまぐし)にその童女(をとめ)を取り成して~』とあり、クシナダヒメ自身が櫛に変えられたと解釈できることから『クシになったヒメ→クシナダヒメ』とということなのでは、と考えられてもいる。もしこの説が本当だったとしたら、ユニークで面白いと素直に思えるだろう。

もうひとつは、父母がそれぞれ手摩霊・足摩霊と『手足を撫でる』意味を持つことから、『撫でるように大事に育てられた姫』との解釈もあり、大和撫子の語源とされる。

『出雲国風土記』の飯石郡の項では久志伊奈太美等与麻奴良比売命(くしいなだみとよまぬらひめ)という名前で登場する。

また、能登国の久志伊奈太伎比咩神社では久志伊奈太伎比咩(くしいなだきひめ)を祀神としたという記述が延喜式神名帳にあり、同一神と考えられている。

稲田の神として信仰されており、廣峯神社(兵庫県姫路市)、氷川神社(さいたま市大宮区)、須佐神社(島根県出雲市)、八重垣神社(島根県松江市)、須我神社(島根県雲南市)、八坂神社(京都市東山区)、櫛田神社(富山県射水市)、櫛田宮(佐賀県神埼市)のほか、各地の氷川神社で祀られている。

多くの神社では、夫のスサノヲや子孫の大国主などと共に祀られている。

しかし茨城県笠間市にある稲田神社は、唯一クシナダヒメを単独で祀っている。

福岡県福岡市にも櫛田神社があるものの、ここの祭神は大幡主大神・天照大神・素戔嗚大神であるが、元々はクシナダヒメを祀っていたとする説もある。

ここまででひとつ思うことがあるとすれば、スサノヲの性格の変化振りが凄いといえる。海原でいたときは母親恋しさに泣き叫び、高天原ではアマテラスの領域を散々荒らしまわり、あまつさえ世界の破滅まで追い込む事態を引き起こした本人と同一人物とは思えない。

どうしてここまで性格の変化があるのだろうかと不思議に思うが、荒れ狂う名前を持った神という、荒ぶる気性の持ち主と考えればこの性格の多面性も納得できるだろう。

時に勇敢であり、時に横暴で、時に慈悲深くなる、神としては不完全な存在とも言えなくもないが、それが狙いだということならば成立するだろう。