大国主の国づくり

では次に、国づくりについて書いていこう。今回は古事記と日本書紀で若干記述の違いがあるので、両方説明していこう。

ヤマタノオロチは出雲の神話に

古事記の場合

大国主が出雲の美保岬にいたとき、蛾の皮を丸剥ぎにして衣服とする小さな神が、海の彼方から天の羅摩船(あめのかがみのふね)にのって現れた。

大国主はその小さな神に名を尋ねたが、答えがなく、従者もその名を知らなかった。そこにヒキガエルの多邇具久が現れて『これは久延毘古(クエビコ)なら知っているでしょう』と言った。クエビコに尋ねると『その神はカミムスビの御子の少名毘古那神である』と答えた。

久延毘古のかかしで、歩行できないが、天下のことは何でも知っている神である。

母神であるカミムスビはスクナビコナを自分の子と認め、スクナビコナに大国主と兄弟になり、共に国造りをするように命令する。大国主とスクナビコナは協力して葦原中国の国造りを行った。あるとき、ふと、スクナビコナ海の彼方、遥か麗しい常世に去ってしまうのだった。

大国主は、『これから一人でどうやって国を造ればいいのか』と悩んでいたとき、海を輝き照らして依り来る神があった。

その神は『我は汝の幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)である。丁重に私を祀れば、国造りに協力しよう』という。

それに対して大国主はすがる気持ちで『ならばあなた様をお祀りするには、如何にすれがよろしいのでしょうか?』と尋ねると、『私を倭の周囲を青垣のように巡っている山の、東の山上に祀るがよい』と告げる。

この神は現在の三輪山に鎮座する神『大物主』となる。

イナバノシロウサギも神話なんです…。

日本書紀の場合

日本書紀第八段一書第六に『大己貴命(オオアナムチ)とスクナビコナは協力して天下を営んだ。子の世の人々や家畜のために、病の治療法を定め、鳥獣や昆虫の害をはらう為にとどめはらう法を定めた。以来人々は皆その恩恵を蒙っている』と語っており、まず2神を医薬品・農耕神として解説している。

続いてオオアナムチはスクナビコナに『我らの造りし国は善く成せりと言えるか』と語った。スクナビコナは『成せる有れば、成らざるも有り』と答え、この会話の後、スクナビコナは熊野の御崎にて『遂に常世の国にいでましき』、または『淡島』に行き、粟莖(あわがら)によく上ったところ、はじかれ常世郷に渡りついたともいう』とあり、古事記より細かい表現がされている。また、このとき以降より、『大己貴命』の敬称が『大己貴神』へと変更される。

その後、国の中の未完成なところを、オオアナムチは一人でよく巡り造り、そして出雲国へと至る。言葉に出して『そもそも葦原中国は最初より、あらびたり。岩や草木に至るまでことごとくよく強くあらし。しかし私がくだき伏せ、和順わざる莫し』と言った。そして続けて『今この国を理むるは私一心だけだ。私と共に天下を理むべき者は、果たしているか』と言ったと記載がある。

古事記とは違い、スクナビコナが常世郷に渡った後に、オオアナムチは単身で葦原中国の国造りを行っている。その後は古事記と同様に、輝く幸魂奇魂と遭遇する。その神が大三輪の神なりとある。

最後にスクナビコナと遭遇するシーンとなり、始めオオアナムチが国を平げ出雲国のいささのおはまで飲食しようとした時、海上から人の声が聞こえた。驚いてきたが、どこにも姿は見えない。しばらくして『一人のおぐながかがみの皮を舟とし、さざきの羽を衣として、ウシオのまにまに浮かんでやってきた』とあり、古事記とは若干表現が異なる。

そして、オオアナムチが掌に取り起きてもてあそぶと、飛び跳ねてその頬を突いた。そこでその物色を奇妙に思い、使を遣わし天神に報告した。すると、高皇産霊尊(たかみむすひ)が、『私が産んだ子は一千五百柱もいるが、その中の一人は悪くて教えに従わなかった。指の間から漏れ落ちたのが、きっと彼だろう。宜しく愛でてこれをを養(ひた)せ』と答えたとあり、これが少彦名命であるとある。

『古事記』と大きく違うのが、神皇産霊尊の子でなく高皇産霊尊の子となる事と、久延毘古は存在しない事である。