三柱神

さて、ではここからは日本神話の中でも最も有名であるといって過言ではない、アマテラスとツクヨミ、スサノオについて記述していこう。

ここで、ツクヨミとは誰のことだ?となる人もいるだろうは、後に説明するので待ってもらいたい。さて、まずは彼ら三姉弟を順番に紹介していこう。

天照大御神

日本皇室の祖神で、日本民族の総氏神とされている。ここで登場する皇室というが、なぜ皇室となっているのかご存知の方も多いだろう。日本の初代天皇『神武天皇』がアマテラスの血を受け継ぐ正当な神の化身として崇められているのだ。しかし神武天皇自体が本当に存在したのかどうかとなれば、その可能性は極めてありえない話だとされており、非常に不確かな存在だが、今はこのことについては深く追求はしないことにする。

アマテラスは太陽を神格化した神であり、信仰の対象としては最高クラスとなり、土地の祭神として伊勢神宮が挙げられている。

女性としてのイメージが非常に強く、男性として描かれることはあまりない。日本書紀ではスサノヲがアマテラスを姉と呼んでいる記述もあり、またさらには男性を連想させるような記述がないため、女性としての姿形が一般的だ。

またその女性のイメージから、神御衣を織らせ、大嘗祭を行う神であるから、神田の稲を作り、大嘗祭を行う神であるから、祭祀を行う古代の巫女を反映した神とする説もある。

ヤマタノオロチは出雲の神話に

月読命

三柱神の中で一番謎に包まれているというのが、やはりツクヨミの存在だろう。

月を神格化、夜を統べる神として考えられているがこれが正しいとしない説もあり、いくつもの説がある。男神としてのイメージがあり、アマテラスの弟、スサノヲの兄として描かれている。

月の神をして神格化されている一方で、文献によって様々な仮説が立てられている。古事記中では、イザナギか黄泉の国から逃げ帰って禊をした際に生まれた重要な神として崇められているが、『日本書紀』ではイザナギとイザナミの間に生まれたという話

や、古事記の世界観である右目から生まれたという話もあり、また右手に持った白銅協からなり出でたとする話もあり、統治する領域も夜ではなく、天や海となっており、どれも曖昧に記述されている。

ツクヨミはアマテラスとは対照的にかかれいているが、比較神話学の分野では、様々な神話に同様の発想があることが指摘もされている。

例えばギリシア神話の太陽神アポロと月の女神アルテミスが双子であるということ、『旧約聖書』の創世記では、天地創造の四日目に、神が空の中に『二つの多いなる光』、すなわち太陽とつくを創り上げて、それぞれに昼と夜を司らせ、光と闇に分けたという日月の想像が語られているなど、世界の神話とどこか重なっているところがある。

ツクヨミ自体、日本神話の誕生の時に名前が出るだけで、物語が進むにつれて、その活躍があまりかかれていないことが多い、謎が多い神としても有名である。日本書紀内で、穀物の期限が語られているぐらいという、本当に夜を統べているのかどうかも定かではないのだ。

またある一説では、スサノヲと支配領域が近い、あるいは同じと考えられてもいるので、スサノヲがツクヨミであり、ツクヨミがスサノヲであるという考え方もある。

古事記の中ではツクヨミについては深く書かれていないので、これについては少し日本書紀の内容を見てみる。

本文では「日の光に次ぐ輝きを放つ月の神を生み、天に送って日とならんで支配すべき存在とした」と簡単に記されているのみだ。支配領域については、アマテラスと並んで点を収めよと命じられたが、後に天上でアマテラスから保食神(うけもち)と対面するようツクヨミがやってきて対面をする。

保食神は口から飯を出したので、ツクヨミは『けがらわしい』と怒り、保食神を剣で撃ち殺してしまったという神話がある

アマテラスはツクヨミの凶行を知って、『汝悪しき雷』と怒り、日とは月とは一日に一夜隔てて離れてすむようになったといわれている。

日本書紀内ではツクヨミは、神々に変わって人間の天応が支配するようになった時代にも現れる。その中で、高皇産霊をわが祖と称する月の神が人に憑いて『わが月神に奉れ、さすれば喜びあろう』と謳ったので、その言葉通り山背の国の葛野郡に社を立て、壱岐県主の祖・押見宿禰(おしみのすくね)に祭らせたという記録もある。これは山瀬の国の月読神社の由来であり、宣託された壱岐にも月読神社が存在し、山背の国の月読神社の元宮といわれている

では次に、ツクヨミの神名について考察してみよう。

最も有力な説としては、ツクヨミ=『月を読む』ことから暦と結びつける由来説が最も強いといわれている

『月日を読みて』・『月読めば』など、時間を数える意味で使われている例があり、また暦の歴史を見ると、月の満ち欠けや運行が暦の基準として用いられており、世界的に太陰暦に先行して発生したという。『一月二日』という日の数え方にもその名残があるように、月と暦は非常に関係が深い、つまりツクヨミにはに月日を数えることから、時の観測者、暦や時を支配する神格であろうと解釈されているのだ。

ツクヨミの干渉についても、古事記や日本書紀の神話において日神たるアマテラスは『天』、あるいは『高天原』を支配することでほぼ『天上』に統一されているのに対し、月神の支配領域は『日本書紀』に『日に配べて天上』を支配する話がある一方で、『夜の食国』や『滄海原の潮の八百重』の支配を命じられている箇所もあり、この支配領域の不安手振りはアマテラスとツクヨミの神話に後からスサノオが挿入されたためではないか、とも考えられている。

イナバノシロウサギも神話なんです…。