因幡の白兎

さて、大国主の国づくりが始まる前にもう1つ説明しておくことがある。大国主には八十神という上の兄弟がいる。しかしそんな兄達を差し置いて大国主は先に国を持つことになるのである。ではどうして、そういうことになったのだろうか、大国主の国づくり神話の前に、まずこれを説明しなけばつじつまが合わなくなってしまうので、話をしていこう。

大国主の兄弟たちは稲羽の八神上売(ヤガミヒメ)に求婚したいと思ったため、国を大国主に譲ってしまったのである。稲羽に向かうとき、兄弟たちは大国主に袋を持たせ、従者のように引き連れていく。

『気多の前』に来たとき、裸の兎がその場で伏せっていたのである。ウサギは、兄弟たちに『海塩を浴び、山の頂で、強い風と日光に当たって、横になっていることだ』と教えられたとおりに伏せていたが、海塩が乾くにつれ、体中の皮がことごとく裂けていき、痛みに苦しんで泣いていると、最後に現れた大国主が『なぜ泣いているのか』と聞く。

兎は『私は隠岐の島からこの地に渡ろうと思ったが、渡る手段がありませんでした。そこでワニザメを欺いて、「私とあなたたち一族とを比べて、どちらが同族が多いか数えよう。出来るだけ同族を集めてきて、この島から気多の前まで並んで送れ。私がその上を踏んで走りながら数えて渡ろう」と誘いました。すると、欺かれてワニザメは列をなし、私はその上を踏んで数える振りをしながら渡ってきて、今にも地に下りようとしたときに、私は「お前達は欺かれたのさ」といいました。すると最後のワニザメは、たちまち私を捉えてすっかり毛を剥いでいきました。それを泣いたところ、先に行った八十神たちが「海で塩水を浴びて、風に当たって伏していなさい」と教えてくれたので、そうしたところ、この身はたちまち傷付いてしまったのです』と言ってきました。

そこで、大国主は兎に『今すぐ水門へ行き、真水で体を洗い、その水門の蒲の穂を取って敷き散らして、その上を転がって花粉を付ければ、肌は元のように戻り、必ず癒えるだろう』と教えてもらったとおりに兎は試すと、その体は回復した。

これが後に続く『稲羽の白兎』である。

兎は『八十神はヤガミヒメの絶対に手に入れることは出来ない』と大国主に言う。そのとおり、ヤガミヒメは八十神に対しては『あなたたちの言うことは聞かない』とはねつけ、大国主に『袋を背負われるあなた様が、私をあなた様だけのものにしてください』といったため、その兎を神として奉ったとされている。

これをきっかけに八十神は大国主を殺そうとすることにまで発展するのである。

ヤマタノオロチは出雲の神話に
経営の法律など、法律情報満載!福岡 税理士 資産運営にまつわる法律もご相談ください。

稲羽

『因幡の白兎』とあるが、『稲羽』が因幡だという記載はなく『イナバ』は稲葉、稲場であり、イネの置き場を指し、各地の地名にもみえる。

また、「往ぬ」「去ぬ」という動詞からきているとして和歌などにも「去ろう」「帰ろう」との意味で詠まれてきた。これを因幡とするのは、大国主の話の前後に彼の義父・素戔嗚命の話があり、素戔嗚は出雲に住んだので、物語の展開上、その隣の因幡を指すとされている。

オノゴロ島について

オノゴロ島には現在の島根県隠岐郡隠岐島とする説や、他の島とする説がある。他に古事記の他の部分では隠岐島を『隠岐の島』と書くのだが、『稲羽の白兎』では漢字表記の『淤岐嶋』と書き、「淤岐」の文字は「淤岐都登理(おきつどり)」など、陸地から離れた海である『沖』をさすことが多いため『淤岐嶋』は特定の場所ではなく、ただ『沖にある島』を指すとする説もある。

『気多の前』には『淤岐嶋』を島根県隠岐軍とすれば鳥取県鳥取市の『気多の岬』とする説、鳥取県鳥取市の『長尾鼻』とする説などがある。

『淤岐嶋』を島根県隠岐郡としたとき、鳥取県の白兎海岸の沖合150メートルにある島まで転々とある岩礁を『ワニ』とする説もある。

その周辺には『気多の岬』、兎が身を乾かした『身干山』、兎が体を洗った『水門』、かつて海になっていて戦前まで蒲が密生したという『不増不滅之池』・『白兎神社』などがある。

イナバノシロウサギも神話なんです…。

白兎神社

この話で登場した兎を神として奉っている神社がある。保食神を配祀し、その説話の内容から皮膚病に霊験のある神として、また、大国主と八上姫神との婚姻を取り持ったことから特定の人との縁結びの神としてかなわぬ恋をかなえ、特定の人との親交をより深めると信仰される。さらに、遠国の人もこの兎に願えば早く国に帰れるという。また医療の神でもある。

創建の由緒は不明であり、かつて兎の宮、大兎大明神、白兎大明神とも呼ばれている、戦乱で消失し、鹿野城主だった亀井茲矩により慶長年間に再興される。現在の本殿は明治時代の再建となっている。

鎮座地は身千山と呼ばれる丘で、稲羽の白兎が身を乾かした山と伝えられており、境内には白兎が体を洗った御身洗池がある。御身洗池は早天・豪雨の時でも水位の増減がないとされており、別名『不増不減の池』とも呼ばれている。

本田の土台には28弁の菊の紋章が彫刻された菊座石が使われており、当社の創建に皇室の何らかの関わりがあるのではといわれているが、境内ではないが、兎が体を洗ったという池ガマ、近くには国道9号を挟んで白兎海岸が広がっており、沖には塩兎がいたとされるオノゴロ島がある。

現在、神社鳥居の横に道の駅『神話の里 白兎』があり、観光客で賑わいを見せる。また、内陸部の山間部の八頭町には三つの白兎神社が祀られている。

日本の神話は奥深い… 続けられる美しさを求めるならやっぱりアイラッシュサロン ジャパンアイリストカレッジ!まつげエクステ スクール ずっとキレイを叶えます!