葦原中国平定

最後に国造りを行った大国主からアマテラスの子孫である、ニニギノミコトに国を譲り渡し、後の天孫降臨に繋がる『葦原中国平定』についての話をしよう。

アマテラスら高天原にいた神々は『葦原中国を統治すべきは、天津神、とりわけ天照大御神の子孫だ』とし、何人かの神を出雲に使わす。大國主神の子である事代主神(ことしろぬし)・建御名方神(たけみなかた)が天津神に降ると、大国主審も地震の宮殿建設と引き換えに国を譲った。

ここで書いている『天津神』というものは、高天原にいる神々の事を指している。

天忍穂耳(あめのほしおみみ)の派遣

アマテラスは『葦原中国は私のこの正勝吾勝勝速日天忍穂耳命(あめのほしおみみ)が治めるべきだ』との命に天降りを命じたが、命は天の浮橋から下界を覗き、『葦原中国は大変騒がしく、手に負えない』と高天原のアマテラスに報告した。

天菩比命(あめのほひの派遣

高御産巣日神(たかみむすび)とアマテラスは天の安の河の川原に八百万の神々を集め、どの神を葦原中国に派遣すべきか聞いた。オモイカネと八百万の神が相談して『天菩比命(あめのほひ)を大国主神の元に派遣するのがよい』という結論を出す。タカミムスビとアマテラスはアメノホヒに大国主の元へ行くように命じた。ところが、アメノホヒは大国主の家来となってしまい、三年経っても高天原に戻らなかった。

天若日子(あめのわかひこ)の派遣

タカミムスビとアマテラスが八百万の神々に今度はどの神を派遣すべきかと問うと、八百万の神々とオモイカネが相談して『天若日子(あめのわかひこ)を遣わすべきだ』と答えた。そこで、アメノワカヒコに天之麻古弓(あめのまかこゆみ)と天之波波矢(あめのははや)を与えて葦原中国に遣わした。

しかし、アメノワカヒコは大国主の娘である下照比賣(したてるひめ)と結婚、じぶんが葦原中国の王となろうとして八年経っても高天原に戻らなかった。

アマテラスとタカミムスビがまた八百万の神々に、アメノワカヒコが戻らないので、いずれの神を遣わして理由を尋ねるべきか問うと、八百万の神々とオモイカネは『雉の鳴女(きざしのなぎめ)を遣わすべき』と答えたので、天津神は、鳴女に、葦原中国の荒ぶる神どもを平定せよといったのに、なぜ八年経っても帰らないのかと、アメノワカヒコに聞くように命令した。鳴女は天より下って、アメノワカヒコの家の木に止まり理由を聞くと、天佐具賣(あまのさぐめ)が『この鳥の鳴き声は不吉だから殺してしまえ』とアメノワカヒコをそそのかす。そこで彼はタカミムスビから与えられた天之麻古弓と天之波波矢で鳴女の胸を射抜き、その矢は高天原のところまで飛んでいった。

タカミムスビは血が付いていたその矢を、アメノワカヒコに与えた天之波波矢であると諸神に示して『アメノワカヒコの勅に別状無くて、悪い神を射た矢が飛んできたのなら、この矢はアメノワカヒコに当たるな。もしアメノワカヒコに邪心あれば、この矢に当たれ』と言って、天之波波矢を下界に投げ返した。矢は天若日子の胸を射抜き、彼は死んでしまい、鳴女も高天原へ帰らなかった。

アメノワカヒコの葬儀

アメノワカヒコの死を嘆く下照比賣の泣き声を、天にいるアメノワカヒコの父『天津國玉神』や母が聞き、下界に下りて悲しみ喪屋を作った。阿遅志貴高日子根神(あじしきたかひこね)が弔いに訪れたとき、アメノワカヒコによく似ていたため、アメノワカヒコの父と母が『わが子は死なないで、生きていた』と言って阿遅志貴高日子根神に抱きついた。すると阿遅志貴高日子根神は『穢らわしい死人と見間違えるな』と怒り、剣で喪屋を切り倒し、蹴り飛ばしてしまった。

ヤマタノオロチは出雲の神話に

建御雷(たけみかずち)の派遣

アマテラスが八百万の神々に、今度はどの神を派遣すべきか問うと、オモイカネと八百万の神々は『稜威雄走神(いつのおはばり)か、その子の建御雷神(たけみかずち)を遣わすべき』と答えた。天之尾羽張(あめのおはばり)は「建御雷神を遣わすべき」と答えたので、タケミカヅチに天鳥船神(あめのとりふね)を与えて葦原中国に遣わした。

コトシロヌシの服従

タケミカヅチと天鳥船神は、出雲国伊那佐の小濱に降り立って、十束の剣を抜いて逆さまに立て、その切っ先に胡坐をかいて座り、大国主に『この国は我が御子が治めるべきだと天照大御神は仰せである。そなたの意向はどうか』と尋ねたところ、大国主神

は自分の前に息子のコトシロヌシにたずねるように言う。コトシロヌシは『承知した』と答えると。船を踏み続け、逆手を打って青柴垣に化え、その中に隠れる。

建御名方の服

タケミカヅチが『コトシロヌシは承知したが、ほかに意見を言うものはいるか』と大国主に尋ね、大国主はもう一人の息子のタケミナカタにも聞くようにと言った。その間にタケミナカタがやってきて『ここでひそひそ話すのは誰だ、それならば力比べをしようではないか』とタケミカヅチの手をつかんだ。するとタケミカヅチは手をつららに変化させ、さらに剣を変化させた。逆にタケミカヅチがタケミナカタの手を掴むと、葦の若葉を摘むように握りつぶして投げつけてきたので、タケミナカタは逃げ出した。

タケミカヅチはタケミナカタを追いかけ、科野国の州羽の海まで追い詰めた。タケミナカタは逃げ切れないと思い、『この地からでないし、大国主神やコトシロノヌシが言ったとおりだ。葦原の国は神子に奉るから殺さないでくれ』と命乞いをするのであった。

イナバノシロウサギも神話なんです…。

大国主の郁譲り●

タケミカヅチは出雲に戻り、大国主神に再度尋ねる。多くに主神は『二人の息子が天津神に従うのなら、私もこの国を天津神に差し上げる、その代わり、私の住むところとして、天の神子が住むのと同じくらい大きな宮殿を建てて欲しい。私の百八十神たちは、コトシロノヌシに従って天津神に背かないだろう』と言った。

その後タケミカヅチは葦原中国平定を無事に完了し、天津神のいる高天原に復命した。

オモイカネ

高天原で行われた葦原中国平定のための会議にて度々登場していた『オモイカネ』という存在だが、彼についても少し語ってみよう。

古事記の中では『思金神、常世思金神』・日本書紀では『思兼神』などと表記する。

タカミムスビの子とされているが、常世の神とする記述もあるがどれが正しいのかということは未だに判明していない。名前の『オモイ』は『思慮』・『かね』は『兼ね備える』の意味で、『数多の人々の持つ思慮を一柱で兼ね備えている神』の意味となっている。

思想や思考、知恵を神格化したものとして考えられており、高天原の知恵袋、またはご意見番と言ったところのポジションになる、

オモイカネの有名な話では、岩戸隠れの際に、天の安原に集まった八百万の神にアマテラスを岩戸の外に出すための知恵を授けたとされている。

建御雷神(タケミカヅチ)

タケミカヅチ、名前だけなら聞いたことがある人も多いのではないだろうか。実はこのタケミカヅチ、中々に位の高い神だったりするのである。

イザナギとイザナミ、二人の神産みの際に、イザナミはカグツチを産み落として死んでしまい、悲しみに支配されたイザナギがカグツチの首を切り落とした際に、十束剣「天之尾羽張(アメノオハバリ)」の根元についた血が岩に飛び散って生まれた三柱の一柱なのである。そう、実はアマテラスよりも先に誕生している神の一人なのだ。

葦原中国の時には天鳥船に乗って下界に下り、出雲の伊耶佐小浜の降り立つ。十束の剣を波の上に逆さに突きたてて、なんとその切っ先の上で胡座をかいて、大国主に対して国譲りの談判を行う、大国主は国を神々に譲るか否かを子らに託した。

この一人のコトシロノヌシはすんなりと服従をして、もう一人のタケミナカタはタケミカヅチに力比べを持ちかけて勝負するも、一蹴されてしまうくらいあっさりと負けてしまい、恐怖して遁走してしまい、その時点で国譲りが成立してしまう。

前述の内容は古事記のものになるが、日本書紀では下界に降り立つのはタケミカヅチとフツヌシの二柱であった。記述では同じ場所に降り立ち、十束の剣を砂に突きたてて、オオアナムチに国譲りを迫る。タケミナカタとの力比べの説話は欠落するものの、結局オオアナムチは自分の征服に役立てた広矛を献上して恭順の意を示す。しかし、二神の前でオオアナムチが再び懐疑心を示したため、天津神は国を皇孫に任せる見返りに、立派な宮を住まいとして建てるとしてオオアナムチを説得した。

若干内容が違うものの、タケミカヅチの存在があったからこそ、国譲りが無事完了したこともあり、この神話の中で、タケミカヅチは重要なキーパーソンとして立っている、と筆者は思う。

ここまでの話をまとめてみると、葦原中国、つまりは現在の日本国土の事を指すのだが、この地を天照大御神の子孫が平定すべきだといって神々アマテラスに助言したことによりこの神話が始まる。

しかしいざ平定しようと動き出してみたものの、始めの二人は高天原に戻らないどころか裏切るという行動を取ってしまう。これはなぜかと疑問に思うのだが、筆者個人の見解としては今まで自分たちの国というものをもったことがない神々にとって、自らが頂点に立ち国を持つということの夢に惹かれたため、というのが強いのではないだろうか。

欲望に駆られて、主君の命令を無視してしまう行為は、神としてはあるまじき行動だろう。確かに人が作り出した神話のため、人間くさい部分が多いのはしょうがないが、アメノワカヒコのような自分が葦原中国を自分で乗っ取ってやろうなどという大それた願いを抱いたために、最後には死という結末を迎えてしまうことになるのだ。

それもあるが、やはり特に気になるのが、平定するということを決めたわりに、アマテラスが自らの判断でことを決定するのではなく、その全てをご意見番のオモイカネや八百万の神々に問うことで、ことを進めようとしたところだ。

これはやはり、アマテラスが戦いを司る神ではなく巫女ということで、全てを他人任せにしていたということだ。

しょうがないだろうといわれればそうだが、やや神々を統治するものとしては優柔不断すぎる正確なのでは。と筆者は感じる。

そしてこの国譲りの後、アマテラスの子孫であるニニギノミコトが天孫降臨し、その後架空の天皇といわれている『神武天皇』の誕生に繋がる。